埼玉県春日部市 折原果樹園 梨 梨狩り 梨もぎとり 直売 キウイフルーツ 種なし巨峰 たけのこ狩り ジャム
HOME
我が家の農産物
ママミィWeb農日記
もぎとり体験

畑の仕事あれこれ > 草生栽培 1:ナギナタガヤ > 2:ライ麦


草生栽培・ライ麦
:草を生かして作物を作る

2・ライ麦をまく

冬 ライ麦を撒きます。背丈の高くなるライ麦を、広い畑のほぼ前面にまきました。

この時期、餌がなくなってきたカラスなどにみつかったら、そこだけ草が薄くなったりします。

麦の種をまいたら、すぐに、トラクターで耕すことにしました。

麦が堆肥を吸って、グングン成長します。
春から夏にかけ、何度も刈り込みます。(緑肥となります)
土の中では、麦の根が空気を取り入れ、たくさんの微生物が育ちます。

麦の草丈が上に伸びた分だけ、地中深く麦は根を張るといわれています。

麦の根が枯れ、そこに穴ができ、土の中に空気を取り入れてくれるそうです。

畑の土を固めない

水はけがよくなる


堆肥や刈り取って枯れたわらなどの有機物を微生物が分解し、土壌を肥沃にします。
麦を実らせ、食べるまで育てません。

あくまでも、土壌改良の1つの方法として取り入れています。

麦が伸びては刈り、伸びては刈ることを春から収穫時期まで繰り返します。

↑ページのトップへ
|2

〒344-0051埼玉県春日部市内牧3888 折原果樹園
電話 048-752-3480  FAX  048-752-3490 E メールはコチラ

Copyright(C)2007折原果樹園. All Rights Reserved.