埼玉県春日部市 折原果樹園 梨 梨狩り 梨もぎとり 直売 キウイフルーツ 種なし巨峰 たけのこ狩り ジャム
HOME
はじめまして
我が家の農産物
ママミィWeb農日記
畑仕事のあれこれ
もぎとり体験

体験 > 頑張れちびっ子達 > 4Hクラブ・田植え 



頑張れちびっ子達  4Hクラブ主催の田植え 2008・5・26
お天気に恵まれ、最高の田植え日和です。

春日部市立幸松(こうまつ)小学校の皆さんの参加で田植えが行われました。                    

参加者:5年生3クラス 約100人の生徒さん

苗の品種:彩のかがやき(埼玉県で育種)

スタッフ:春日部4Hクラブ(5人)
 4HクラブOBの皆さん
 春日部市役所農政課 
 春日部農林振興センター
田んぼの場所:春日部東高校近く

さあ、子供達の手にのるくらいの大きさに、稲の苗を用意しましょう。
田んぼにくいが打たれています。そこに線が張られ、歩く通路が作られています。
(お米の一粒でも多く収穫しようとされたお年寄りの人が見たら、なんともったいないと思うかもしれませんね・・・)

田んぼは3クラス分に割り振られています。通路を挟んで、皆一斉に田植えが始まります。
進行方向は後ずさりです。さあ、田んぼに入りましょう!

裸足(靴下を履いていますが)で田んぼに入った感想はいかがですか?
水は冷たいですが?もぐって深いところはありませんか?足が抜けますか?
☆埼玉県でおいしいお米ができました!新品種『彩(さい)のかがやき
      
                                   農林部 米づくり改革支援室

『彩(さい)のかがやき』は、埼玉県で平成4年に交配して育種をはじめた品種で、コシヒカリと同じようにおいしいお米です。複数の病害虫に抵抗性を持っており、減農薬栽培による安全・安心な米づくりができるそうです。

埼玉県の東部地域で作付面積が、どんどん増えている注目のお米の品種です。
↑ページのトップへ
ピンと張られた線には、目印のリボンがついています。
4Hクラブのお兄さんから田植えの説明です。

「稲の苗を3〜4本、取ってください。

自分の目の前の印の所、2箇所に苗を植えて下さい。

両隣の友達との間にまだスペースがあったら、しるしのリボンに沿って苗を植えてください。

泥を平らにしながら後ろに下がってください。

ここまでできたら、みんなが揃うまで待っていて下さい」

横一列終了するのを待ち、目印の線を移動していきます。

縄もちのおじさん(お兄さんかな?)、ありがとうございます。

手で植えるところが終了しました。
午前10時に始まり、約1時間。
皆さんお疲れ様でした。

ちょっと待ってください。

4Hクラブ元会長さんは、植え終わった苗の様子を見て回り、手直しです。

見直しは早ければ早いほどいいといわれています。苗の根付きが同じだと、収穫時期も同じようになるからです。
↑ページのトップへ

  そこへ田植え機の登場です。

 車に乗っているような速さで、稲が植えられていきます。

「早いなぁ!」

さあ、お疲れ様でした。

田んぼの近くには、水道がありません。
どうしましょうか?

生徒さんたち、リュックサックの中、ペットボトルに水を入れきたようです。

水を運ぶこと、結構重かったでしょう。
大変でしたね。

老婆心ながら、限られた水できれいに手足を洗うことができますか?
蛇口をひねればいいだけ使える水道の水。今日はそういうわけにはいきませんよ。
無事に田植えが終わりました。皆さんの活躍が、春日部市の広報にも載るかもしれません。
お疲れ様でした。今度は、稲刈りのときにまた会いましょうね!
田植えの終わった皆さんの田んぼ  2008・5・26

ママミィのブログも見てください
↑ページのトップへ
☆☆ ハイ、元気です!   2008・6・20
☆ かわいい看板が目印です
この辺りは、バイパスと住宅地に挟まれた、広い田園地帯です。通路が目印の田んぼ、すぐにわかります。

田植えから約1ヵ月後。
周りの田んぼに引けをとらないくらい、 稲の緑が濃くなり、グングン大きくなっていますよ。

かわいい看板が、ひときわ目に留まります。

看板の但し書きです。
「春日部市農業後継者対策協議会の事業の一環として、5月26日に幸松小学校5年生の皆さんが、田植え体験を行いました。秋には、収穫体験を行う予定です。」
↑ページのトップへ
☆☆ ハイ、元気です!   2008・7・20
7・20 夏休み間近か(?)の田んぼです。

夏の自由研究の課題は決まりましたか?
田んぼの様子を見ながら、稲の話はいかがでしょう?

この皆さんの田んぼ、周りの田んぼの中では、遅いほうの田植えだったと思いますが、今では他と引けをとらないくらい、すくすくと元気な田んぼになっています。

田んぼに水がありません。地割れのようにひびが入っています。大丈夫なの?

田んぼの水を切り、稲の根っこを困らせているのだそうです。そうすることで、有効分けつを促し、充実した稲を作ること、実のいっぱい詰まった稲穂を作ることにつながるようです。
稲の分けつに注目 指し苗用に予備にまとめて植えた稲
・稲の苗の株が増えていることに注目!
手前は、2〜3本の苗。後方は7〜8本?
たくさんの苗のようです。

・手前のほうが、のびのびとたくましいですね。
・指し苗用に、田んぼの端にまとめて植えた苗。

・なんとなく、ひ弱でそれぞれの稲が細いです。
稲も窮屈そうですね。
稲を植えるときに、まとめてたくさん植えてもそれぞれの稲の株は大きくなりません。むしろヒョロッとしています。

「不思議だな」と思ったことを、ぜひ調べてみてください。
わかったことや、面白い発見があったら、おばさんに教えてくださいね。

子供達の足跡のくぼみには、たくさんのタニシがいましたよ。
☆☆ ハイ、元気です!   2008・9・11
稲穂が頭を垂れ始めました一面が黄金色に染まりました。稲刈りも間近でしょうか?

沖縄方面に大きな台風が来ています。
台風の被害が少ないことを祈ります。
田植えの早かったお隣さんは、もう稲刈り終了。じっくり育って大きくなーれ!
田んぼの水口のところには、小さな足跡がいっぱいありました。アマガエル、イナゴ、etc
どんな出会いが待ってることでしょうね。稲刈りが楽しみです。
             
↑ページのトップへ

〒344-0051埼玉県春日部市内牧3888 折原果樹園
電話 048-752-3480  FAX  048-752-3490 E メールはコチラ

Copyright(C)2007折原果樹園. All Rights Reserved.