埼玉県春日部市 折原果樹園 梨 梨狩り 梨もぎとり 直売 キウイフルーツ 種なし巨峰 たけのこ狩り ジャム
HOME
はじめまして
我が家の農産物
ママミィWeb農日記
畑仕事のあれこれ
もぎとり体験

体験 > 畑で見つけたよ! > 小鳥のヒナ


小鳥のヒナ
梅雨時、梨畑で偶然に見つけました!?


雷様と一緒に、待望の雨が降りました。スコールのような激しい雨です。

雨が上がった畑へ、キウイフルーツの摘果に出ました。

「ピーピー」とヒナ鳥のような鳥の鳴き声はするのですが、姿が見えません。

どうやら、梨棚を支えてある竹の柱の中からでした。

雨上がりの畑で、親鳥が餌を運んで来ています。

人の姿に警戒してか、なかなか巣に入ろうとしません。えさをくわえ直しては、また飛び回っていました。


三脚をもって来て、竹の柱を覗きました。

直径10cmくらいの竹の筒の中でピーピー鳴く声は、ここからでした。
かすかに黄色いくちばしだけが見えました。

今日の雨、傘を差してあげればよかったね。  2007・6・10
↑ページのトップへ


たぶん、この鳥は『ハクセキレイ』かと思うのですが?

【ハクセキレイ】  <科目>スズメ目セキレイ科
<鳴き声>ピピッ、ピピッ
<特徴>昆虫を食べ、尾を上下に振りながら歩きます。
 繁殖期にはつがいで縄張りを持ち、建物の間や石の間などに巣を作ります。非繁殖期には群れになり、工場などの建物や、街路樹などをねぐらにするそうです。
  『身近な野鳥図鑑』より


竹の中での子育て。ヒナ鳥の目とくちばしが、はっきり見えます。

初めて竹筒を覗いたときは、雨上がりでお腹がすいていたのか、暗い中で「ピーピー」と鳴く黄色い嘴(くちばし)だけが見えました。

一週間で、随分しっかりしてくるものですね。

とうちゃんが、三脚を立てカメラを向けると、ガサゴソする音に警戒してか、鳴き声もしなかったそうです。ヒナ鳥もドンドン賢くなっていきます。巣立ちも早いのかもしれませんね。

                                   2007・6・16


梅雨の晴れ間をぬって、梨の袋かけが始まります。

ぶどうはこんなに、ぶどうらしくなってきました。

梅雨、恵みの雨。
生き物達が潤っていきます。


     
↑ページのトップへ

梨畑の中での子育て  2008・6・28
新高(にいたか)梨に袋をかけていた時のこと。

私の頭の上で、ピピッツ、ピピッツと鳴き声がします。
一人で飛べるようになって間もない小鳥達のようです。
じっと耳を済ませていると、「ピピッツ、ピピッツ」という鳴き声に混じって、「ピピツーピピツー」とでもいいましょうか、違う鳴き声が聞き取れました。親鳥が餌を運んできました。

梨畑の中での、野鳥の子育てです。

梨畑には、雷のときに雹(ひょう)が振られても大丈夫なように、上からスッポリと、細かい網目のネットがかけられています。

子供達は、畑の中。親鳥はネットの外。網目をくぐらせ、餌になる小さな虫が運ばれてきました。食欲旺盛な3羽のお腹を満たすには、親鳥も大変です。
親鳥は、私の姿に気付いたようです。餌を加えてきても、パッと少し離れたところへ飛び立ってしまいました。子供の鳥達は、まだ人間に対して警戒心が少ないようで、少しずつ近づいて写真を撮りました。
↑ページのトップへ
☆☆三好さんからのお便り☆

ところで、花のつぼみを食べるのがカワラヒワとか。梨の花は知りませんが、桜の花を食べたり、蜜を吸うのに、花ごと落としたりする鳥に
ヒヨドリスズメがいます。

花は花びらや蜜を虫のために用意します。花粉を運んでもらって実をつけ、子孫を増やしたいからです。でも、鳥たちもご馳走を見逃したくない!と花の横から蜜を盗みます。

花は虫が掴まるのには充分な強度ですが、鳥が止まるにはもろすぎるのです。
だから木の枝に掴まって横から盗み、そのときに花を散らします。

花を愛でる方には「憎たらしい鳥たち」となるのでしょうが、木はそんなことではなくならないように、たくさんの花をつけています。木にとってはそれも計算のうち、と言ったら言いすぎでしょうか。

ヒヨドリです。これは冬に撮った写真なので羽を膨らませています。
寒い日だったのでしょうね。             (貴重な写真とお便りありがとうございます)
三好あき子
a-hill-m@nifty.com
鳥と花の写真館
http://homepage2.nifty.com/hill/
埼玉県生態系保護協会春日部支部
eco_kasukabe@mbn.nifty.com
http://homepage3.nifty.com/eco-kasukabe/
↑ページのトップへ


〒344-0051埼玉県春日部市内牧3888 折原果樹園
電話 048-752-3480  FAX  048-752-3490 E メールはコチラ

Copyright(C)2007折原果樹園. All Rights Reserved.