埼玉県春日部市 折原果樹園 梨 梨狩り 梨もぎとり 直売 キウイフルーツ 種なし巨峰 たけのこ狩り ジャム
HOME
はじめまして
我が家の農産物
ママミィWeb農日記
畑仕事のあれこれ
もぎとり体験

体験 > お出かけください >楽応寺薬師堂のご開帳


 楽応寺薬師堂のご開帳:埼玉県春日部市内牧 2010年4月3・4日
楽応寺薬師堂は通称 薬師(やくし)様→『薬(やく)さま』と呼ばれています。

家内安全・安産祈願・目の病にきくといわれ、
春日部内牧地区に限らず、近隣の町からも大勢の参拝客が訪れ、「お薬さま」と親しまれています。

この楽応寺薬師堂で12年に一度だけ、寅の年、寅の月、寅の日に本尊の薬師仏をご開帳して下さるとの。2010年4月3・4日がその日に当たるそうです。

この度は12年に一度の祭礼、お祝い申し上げます。

うまく地域の伝統行事をお伝えすることができませんが、人々の心の支えとなる古くから内牧に伝わるお祭りを写真と共に書き記すこととします。お気付きの点が多々あるかと思います。どうぞご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。


いつも静かな薬さまですが、テントが張られ、お祝いの準備が進められていました。

この祭礼のために、1年がかりで地域の方々も含め、様々な準備が進められてきたそうです。


屋根の上に飾られた虎
↑ページのトップへ

☆お参り
   皆でお参りに行きました。
昨日の風の治まり、桜満開。
お天気もお祝いして下さっているようでした。

4月3日、11時の法要のときには、10人ものお坊さん方来てくださったそうでした。

◎法要の詳しい情報は、宮代NOWさんを!

薬師如来のご本尊様の手にひもが結ばれていました。その先のひもを引くことによって、ご本尊様とつながっているということでごりやくがあるそうです。ご一緒にいかがですか?!
帽子をかぶったままで、大変申し訳ありませんでした

亡くなったばばちゃんがよく言っていたことに、「薬さまは、殺生が嫌いで、肉や魚の臭いものを食べないそうだ。だからお参りに行くときには、臭いものは食べてはいけないよ。臭いものを食べたら、うがいをしてからお参りするように」とのことでした。



今度は、自分が語り部となり、子供たちに地域の伝統行事などの由来を話そうとすると、何遍も聞いた話がうまく話せないのです。

「いざ、自分の番」となった時、自分ではわかっていても、人にわかりやすく話せないもどかしさ。自分自身の無学を恥じ、伝えることのむずかしさを痛感します。

書き足りない点、説明不足の点が多々あるかと思います。
どうぞ、ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

                           2010年4月5日 

 珍しい桜『御衣黄』
『御衣黄(ぎょいこう)』という花をご存知ですか?

昨日法要が行われた楽応寺薬師堂の境内中央に、今、見事な花を咲かせています。
新聞記事(2010・04・11読売新聞)によると、「八重桜の一種で、気品のある姿から、天皇や貴人の衣装を意味する御衣が名前の由来」と、なったそうです。

桜の花びらで敷き詰められた庭中央に、棒で支えられている木が『御衣黄(ぎょいこう)』です。



数日前とはまた違った趣を見せてくれる桜達。

珍しい桜が、ここ内牧にあります。

       2010・04.13


↑ページのトップへ

〒344-0051埼玉県春日部市内牧3888 折原果樹園
電話 048-752-3480  FAX  048-752-3490 E メールはコチラ

Copyright(C)2007折原果樹園. All Rights Reserved.